土地活用と総合建設はサカイ創建

愛知・岐阜・三重・静岡・長野・滋賀 土地活用と総合建設のパイオニア

お電話でのお問い合わせ・ご相談は
会社概要 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ 当サイトご利用にあたり
home > お客様の声 > Voice#3
  西田 様〔2008年10月、滋賀県栗東市にアパートを建築〕
:インタビュアー
:オーナー様
アパートを建築していただいた土地は以前、どのように活用をしていらっしゃったのですか?
あの土地は祖父の代に購入した農地で、若い頃には随分農作業の手伝いをした、思い出のある場所なんです。
アパート経営を検討されたきっかけは、どんなことだったでしょうか?
栗東駅の近くということもあり、時代とともに都市化が進み近隣に建物ができ始めると建物の影で作物の生育が悪くなったり、水の管理で苦労するようになり、農地としては不向きになってしまいました。そこで、やむなく別の有効活用を考えることにしました。
3反(約1,000坪)もある土地ですからいろいろな活用法を検討されたのでしょうね?
そうですね、いろいろと検討しましたが最終的には半分の土地を売却し、残りの半分でアパート経営をしようという計画になりました。
他社さんの提案も聞かれたと思いますが、最終的に当社に決めていただいたのは何が良かったからでしょうか?
他社は「儲かりますから、アパートを建てましょう」という話ばかりされて、私たちの考え方であるとか、不安に思っていることをじっくり聞いたうえで答えてくれていなかったのです。その点、サカイ創建さんはいろんな部署の方が誠実に対応してくださったことでお任せしてみようという気になったのです。
後日、社長さんとお会いした際に考え方やこだわりをお聞きする機会があったのですが、多くの社員にその考え方が浸透しており、ここだったら大丈夫だと思いました。
実際に当社の図面や事業提案をご覧になられたときはどうでしたか?
隣地の分譲住宅とのバランスは良いだろうかとか、近隣の住宅地に配慮はされているだろうかと心配しましたが、しっかり出来ていましたので安心しました。 
実際に建築工事が始まってからはいかがでしたか?
工事担当者の方も親身になって対応してくれましたし、サカイ創建のグループ会社の方たちもしっかりやって頂けました。自分たちの思い描いていたものに近いアパートが出来たと喜んでいます。 完成してからご近所の方に「いいアパートが建ちましたね」と言われた時には、やって良かったと思いました。 以前、他社に依頼した建築工事でいやな思いをした経験があったので余計にそう思いました。
アパートを建築すると決めて、ご家族の方がおっしゃったことや協力してくださったことは何かありますか?
息子たちも心よく賛成をしてくれました。また、息子はアパートの外観パースを描いたり、カラーコーディネイトをしてアドバイスをしてくれました。娘はアパートの屋号をスペイン語でネーミングしてくれました。家族の力で一つの財産を作ったという良い思い出になりました。
西田様がお建てになった
“サープラスII PL”
あらゆる敷地へのフレキシブルな対応が
可能なアパートです。
※“ルーチェ”は“II PL”の後継モデルです。
会社概要 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ 当サイトご利用にあたり
Copyright (C) SAKAI SOUKEN CO.,LTD. All rights reserved.